高岡漆器協同組合の概要

高岡漆器組合の歴史は古く、明治45年にさかのぼります。業界の発展と組合員の福利を図るため、材料の共同購入や製品の販売を目的として「高岡漆器購買販売組合」を設立したことから始まりました。

その後、多少の名称変更を経て、現在の伝統工芸高岡漆器協同組合となったのは昭和50年。「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」が昭和49年に制定されたことを機に高岡漆器も産地指定を受け、業界の振興発展を目指して設立いたしました。当組合の主な事業内容は、後継者育成、技術技法の伝承、販路拡大、新商品開発など、デザイナーとのコラボレーションによる商品化が積極的に行われています。

近年では販路開拓を国外にも求め展覧会の開催や商談会を現地やオンラインで積極的に行っています。高岡で培われ進化した匠の技術は更なる感性を創り出し注目を集めています。

伝統工芸高岡漆器協同組合
理事長 柴田 治之

ZIBA(高岡地域地場産業センター)

当組合事務局がございます御旅屋セリオ2F ZIBA(高岡地域地場産業センター)には、国の伝統的工芸に指定されている高岡銅器・高岡漆器・井波彫刻・庄川挽物木地・越中和紙・越中福岡の菅笠や地域の特産品などを展示販売しています。産業資料館では、伝統的工芸品の製造工程や歴史の紹介・人間国宝や伝統工芸士の作品を見学していただけます。また、鋳物や漆器加飾の体験コーナーなどもお楽しみいただけます。

伝統工芸高岡漆器協同組合

富山県高岡市御旅屋町101番地御旅屋セリオ2階
TEL (0766)22-2097 FAX (0766)26-9080
ZIBA